少しでも安くオフィス・事務所の移転を行いたい方必見!お得な費用で引越しや原状回復・内装工事に対応してくれる業者をご紹介します!

大阪のおすすめオフィス移転業者5選!

大阪でおすすめのオフィス移転業者を5社ピックアップしました。
ぜひオフィス移転業者選びの参考にしてみてください。

法人専門移転プロの画像
大阪市のオフィス移転に特化したプロフェッショナル

法人専門移転プロ(株式会社ワンナップクリエイティブサービス)は、大阪市内7区限定・移転規模100名以下対象で展開している法人専門オフィス・事務所移転サービスです。対応エリアを限定することにより、迅速なサポート体制や大幅なコストカットを実現させている点は大きな魅力と言えるでしょう。

また、提案力に優れ、ホスピタリティ・コーディネータや一級建築士などの資格を持つ高クオリティなスタッフも特徴のひとつ。 高品質・低価格なオフィス移転を考えるなら非常におすすめです。

おすすめポイント

Point 1. 対応エリア限定による高品質・低価格のオフィス移転サービス!

Point 2. 提案力・調整力に長けたクオリティの高いスタッフ!

法人専門移転プロの基本情報

会社情報 株式会社ワンナップクリエイティブサービス(法人専門移転プロ)
住所:大阪市西区靱本町1-7-22
問い合わせ TEL:06-6131-4950
営業時間:9:00-18:00
対応エリア 大阪市内7区(中央区・西区・北区・淀川区・浪速区・福島区・天王寺区)
料金例 物だけの移転(オフィス什器の移動/ダンボールの運搬/キャビネットの連結など):3万円~
インフラ設備も対応(上記+不用品廃棄回収/機密書類溶解処理/電話・配線・LAN工事など):45万円~
オフィス内装工事も対応(上記+オフィス内装・現状復帰工事など):60万円~
主なアフターサービス ・営業日初日にスタッフが立ち合い
・レイアウト調整対応
公式サイトURL https://itenpro.jp/
日本通運の画像
業界トップレベルのオフィス移転実績

物流業で有名な日本通運株式会社が運営している「日通のオフィス移転」は、年間で約2万5,000件という豊富な移転実績を誇っています。

大手ならではの動員力と機動力に強みがあり、例えばビル全体や工場の部分移転にも対応可能です。さらに日本全国広大なネットワークを持っているため、長距離のオフィス移転の際には非常に頼りになる業者だと言えるでしょう。

おすすめポイント

Point 1.学校や病院、海外移転にも対応できる!

Point 2.独自技術を用いたセキュリティサービス!

日通のオフィス移転の基本情報

会社情報 日本通運株式会社
住所:東京都港区東新橋1-9-3
問い合わせ TEL:0120-154-022
営業時間:8:00-20:00(年中無休※12/31~1/3除く)
対応エリア 日本全国・一部の海外(東アジア・南アジア・欧州・米州など)
料金例 記載なし(見積りは無料)
主なアフターサービス ・内装工事の追加
・会社案内、名刺、案内状作成
公式サイトURL https://www.nittsu.co.jp/iten/
アート引越センターの画像
便利なオフィスパックと転勤引越システム

家族や単身での引越しで有名なアート引越センターですが、オフィス移転においても「オフィスパック」という専用のプランを設けています。

オフィスパックでは、スケジュール作成や什器・備品の買取りなどを含む各工程の進行を一括でおこなうことができるでしょう。そのほか、転勤引越の手続きや事務処理を助けるシステム「ARTist2」に申し込むことも可能です。

おすすめポイント

Point 1.移転作業を一括で進行できるオフィスパック!

Point 2.転勤引越しの手続きや事務処理を支援するシステムを提供!

アート引越センターの基本情報

会社情報 アートコーポレーション株式会社
住所:大阪府大阪市中央区城見1-2-27 クリスタルタワー16F
問い合わせ TEL:0120-012-366
対応エリア 日本全国
料金例 記載なし(見積りは無料)
主なアフターサービス ・オフィスレイアウト変更
・オフィスの調査、分析、総合診断
公式サイトURL https://www.the0123.com/houjin/office/
フロンティアコンサルティングの画像
ビジネスの未来を拓くオフィスをデザインする業者

フロンティアコンサルティングは、引越しや原状回復工事のほか、コンサルティングやオフィスデザインといった独自の強みを活かしたオフィス移転サービスを提供しています。

単に移転するだけではなく、経営課題を解決したい、企業戦略に繋げたいといったビジョンがある場合にはピッタリの業者ではないでしょうか。 他にもベトナムや中国への進出サポートや、居抜きオフィス移転の提案などもしています。

おすすめポイント

Point 1.オフィス移転を企業戦略へ繋げるコンサルティング!

Point 2.ベトナム・中国への海外進出サポート!

フロンティアコンサルティングの基本情報

会社情報 株式会社フロンティアコンサルティング
住所:【大阪支店】大阪府大阪市中央区南船場4-2-11 JPR心斎橋ビル10F
問い合わせ TEL:【大阪】050-5225-0203【東京本社】0120-955-379
営業時間:9:00-18:00(平日)
対応エリア 記載無し(東京本社・横浜・名古屋・大阪・福岡に支店、札幌・静岡・広島にオフィスが存在。また、ハノイ・上海に拠点)
料金例 記載なし
主なアフターサービス 記載なし
公式サイトURL https://www.frontierconsul.net/
ICSサプライの画像
大阪市内のオフィス環境づくりをトータルサポート

ICSサプライではオフィス環境づくりを通して、大阪市の企業が活性化するような付加価値のあるオフィスを30年以上にわたり提供してきました。

ワンストップでオフィス移転をサポートすることが可能で、レイアウト設計から内装工事、家具の選定、新しい住所が記載された名刺作成まで全部任せられます。長く地域密着でオフィス環境づくりに携わっているほか、アフターフォローも万全なので安心感のある業者と言えるでしょう。

おすすめポイント

Point 1.オフィス環境づくりをワンストップサポート!

Point 2.30年以上の実績と経験を持つ!

ICSサプライの基本情報

会社情報 ICSサプライ株式会社
住所:大阪市生野区新今里-20-7
問い合わせ TEL:0120-70-5381
営業時間:9:00-17:00(平日)
対応エリア 大阪市内中心に24区(北区・都島区・淀川区・東淀川区・旭区・福島区・此花区・西区・港区・大正区・西淀川区・中央区・天王寺区・浪速区・東成区・生野区・城東区・鶴見区・阿倍野区・住之江区・住吉区・東住吉区・平野区・西成区)
料金例 新規家具・内装工事がないオフィス移転(レイアウト図面作成/オフィス家具組立/設置作業など):1㎡あたり1万円~
主なアフターサービス ・最大1年間の内装工事無料やり直し
・最大3年間のオフィス家具・什器保証
公式サイトURL http://icssupplies-office.com/

その他:大阪のオフィス移転業者一覧紹介

株式会社ヴィス

株式会社ヴィス

基本情報
住所 〒530-0001 大阪市北区梅田3-4-5  毎日インテシオ8F
公式サイトURL
株式会社オフィス空間

株式会社オフィス空間

基本情報
住所 〒531-0072 大阪市北区豊崎3-19-3 ピアスタワー4階
公式サイトURL
SGムービング株式会社

SGムービング株式会社

基本情報
住所 〒540-0001 大阪市中央区城見 1-3-7  松下IMPビル24F
公式サイトURL
株式会社サカイ引越センター

株式会社サカイ引越センター

基本情報
住所 〒590-0823 大阪府堺市堺区石津北町56番地
公式サイトURL
リブ引越サービス

リブ引越サービス

基本情報
住所 〒559-0026 大阪府大阪市住之江区平林北2-7-99
公式サイトURL
株式会社日立物流

株式会社日立物流

基本情報
住所 〒554-0012 大阪府大阪市此花区西九条1-28-13
公式サイトURL
東芝ロジスティクス株式会社

東芝ロジスティクス株式会社

基本情報
住所 〒559-0021 大阪市住之江区柴谷1-2-32
公式サイトURL
株式会社トルニティ

株式会社トルニティ

基本情報
住所 〒540-0025 大阪市中央区徳井町1-1-2 ワダビルディング5F
公式サイトURL

このサイトについて

大阪・大阪市内でオフィス移転をする際に、おすすめできる引越し業者を紹介させてもらいました。

正直、会社を移転するというのはとてもやる事が多く大変な作業です。なので「どれだけ幅広くサポートしてくれる移転業者を選べるか」が非常に重要なポイントとなってくるでしょう。

ぜひこのサイトに掲載されている情報や知識を役立てて、低コストかつサービスの充実したオフィス移転業者を見つけていただければ幸いです。

大阪のおすすめオフィス移転業者について

大阪のおすすめオフィス移転業者の選び方に関するお役立ち情報をお届けいたします。
オフィス移転業者を選ぶ際にぜひ参考にしてください。

原状回復・内装工事…オフィス移転業者の対応可能なサービス内容とは?

オフィス移転 イメージ画像

「事業拡大により社員数が増えて、今までのオフィスでは手狭になった」「営業戦略のために、好アクセスな場所に会社を構えたい」など企業がオフィス移転を考える理由はさまざまです。

このようにオフィスを引越したい時に頼りになるのが“オフィス移転業者”。ですが、実際にどんなサービスをおこなっているのか、あまり知らない方も多いのではないでしょうか?そこでこのコラムでは、引越し・運搬以外にもオフィス移転業者が対応できる代表的なサービス内容を取り上げていきます。

オフィス移転業者の内装工事

現代の日本ではIT業界が発展していることもあり、オフィスで働く人が増えた影響でオフィスデザインへの関心は高まっています。オフィスのデザインにもいろいろとありますが、単純にデスクを並べるだけではなくエントランスや会議室・ワークスペースなどを設置するとなると、ほぼ確実に内装工事は必要となるでしょう。

主な工事内容としては、ドアやパーテーション・造作壁の設置、電話やLANケーブルなどの配線工事などが挙げられます。また、エントランスであれば企業の顔となるロゴサインを設置したり、空間を明るく照らす照明をつけることも考えられますね。

オフィス移転業者の原状回復工事

簡単に説明すると、ものを「借りたときの状態に戻す」ことを原状回復といい、そしてオフィスを移転する際に必要になるのが、原状回復工事費用です。契約内容によって差はありますが、基本的に借りていた旧事務所の床や壁・天井・照明の交換にかかる修繕費用などは全て借主の負担となってしまいます。

また、原状回復工事には多額のコスト以外にスケジュール調整などもしなくてはならないため、新オフィスに気がいく中で思ったよりもこちらに時間やリソースを取られてしまうかもしれません。ちなみに、オフィス移転業者の中にはそういった内容を含め「原状回復工事」も任せられるところもあるそうなので、一度相談してみると良いでしょう。

オフィス移転業者の不用品回収

オフィスを移転する際にはデスクやチェアなどの家具から、パソコンやプリンターといったOA機器を場合によっては処分しなくてはなりません。また、書類や文書なども同様です。これらをゴミとして廃棄する場合、事業者の責任のもとで適切な処理をする必要があるでしょう。

ただ、これらの不用品はものによってそれぞれ違う業者に依頼しなければならない可能性もあります。例えばデスクやチェアを捨てるなら粗大ごみではなく「産業廃棄物処理業者」に依頼するのが適切ですが、併せてパソコンなどOA機器を引き取ってほしい場合は「不用品回収業者」などに別口で依頼しなくてはなりません

オフィス移転業者にまとめてお願いするのが便利でお得

このようにオフィス移転を成功させるためには、さまざまな要素を考慮したうえでレイアウト設計や各スペースのデザイン、期間や費用などを考える必要があります。また、今まで使用していたスペースの原状復帰や不用品の処分もしなくてはなりません。

そこで私がおすすめしたいのは、これら全てをまとめて請け負ってくれる専門業者です。それぞれ別の業者で依頼するのと比べると費用もかなり抑えられますし、何よりだんぜん手間がかからずスムーズにオフィス移転をすることができるでしょう。

【料金特化型・コンサル型】業者のタイプ別にメリット・デメリットをご紹介!

ベネフィットイメージ

事務所・オフィスの引越しを考えた際に頼りになるのが「オフィス移転」の専門業者。ですが、その中でも大きくわけて「料金特化型」「コンサルティング型」の2タイプがあるのをご存じでしょうか?

簡単に言うと「料金特化型」は主に移転コストなど費用を抑えた対応を得意とする業者、「コンサルティング型」は移転のほかにも経営やブランディングなどに関しての提案をおこなう業者です。このコラムでは各タイプの特徴をメリット・デメリットにわけて紹介、そして比較してみようと思います。

料金特化型業者のメリット・デメリット

メリット①:移転コストを最大限減らすことが可能

料金特化型業者と呼ばれている通り、オフィス移転をする際のコスト削減が1番のメリットと言えるでしょう。このタイプの業者は人件費や移動費などを減らす施策のほか、高いマネージメント・提案力を発揮し無駄なロスの少ない効率的な移転を実施することにより、驚くほど低価格でのサービス提供を可能にしています。たとえば、物だけの移動であれば数万円程度の少額な案件にも対応してくれます。

メリット②:さまざまな工程をまとめて依頼できる

料金特化型はいわば「オフィス移転のプロ」の業者なので、引越し時に発生する多くの工程をまとめて請け負ってくれる場合が多いです。什器の移動や荷物の運搬はもちろん、内装工事や電話回線などの手配、不用品処分までおこなってくれる業者であれば別の業者に依頼する手間も省けて非常に助かりますよね。

デメリット:地域限定になってしまう

低価格かつサポートを万全にするためには、どうしても対応地域を狭める必要がでてきてしまいます。こればかりは対応してもらえる地域の業者を探すしかないでしょう。

コンサルティング型のメリット・デメリット

メリット:経営問題の解決やブランディング力向上の提案

コンサルティング型の業者では、ただオフィスを移転するだけではなく経営課題解決の手段として提案を受けることができます。コンサルティングをはじめオフィス設計デザイン、ネットワーク環境構築などの施策によって、オフィス移転をブランディング力向上へ繋げることができるでしょう。

デメリット①:高額なコストが必要

オフィス移転以外にも、コンサルティングや仲介、デザインなどトータルサポートをしてくれるのは心強いのですが、そのぶん非常に高いコストがかかってしまいます。特に移転だけできれば十分という会社・ユーザーから見れば、ただ高額なコンサルティング料が上乗せされるだけになってしまう恐れがあります。

また、基本的に工事は下請け会社に依頼されておこなわれるため、そのぶんのコストも上乗せされて増える傾向が強いのでこちらも要注意でしょう。

デメリット②:担当コンサルタントの力量に左右される

実績や経験のあるコンサルタント会社だったとしても「たまたま担当が新人で進行が拙かった…。」というようなリスクが発生する可能性はあります。

選ぶなら料金特化型の業者がおすすめ!

ここまでオフィス移転業者「料金特化型」「コンサルティング型」それぞれのメリットとデメリットを紹介してきました。同じオフィス移転サービスを提供している業者ですが、ずいぶん違った特徴を持っていますよね。

両者を調べたうえでの個人的な意見になりますが、企業としてオフィス移転を考えた場合には「料金」と「対応力」これらを気にする会社は非常に多いのではないでしょうか。であればコスト削減に努め、迅速なサポートの期待できる料金特化型のオフィス移転業者を選ぶことがおすすめだと私は思います。

オフィス移転に関するアンケート調査を実施しました!

ここまでおすすめのオフィス移転業者に加えて、オフィス移転業者が取り扱うサービスやタイプ別業者の違いをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。ご参考になれば幸いです。
また今回のテーマである「オフィス移転」に関するアンケート調査を2つ実施したため、ご紹介します。
アンケート結果は以下の通りになりました。

①過去にオフィス移転業者を利用したことがありますか?

アンケート結果 過去にオフィス移転業者を利用したことがありますか?

②業者を決めた一番のポイントは何ですか?

アンケート結果 業者を決めた一番のポイントは何ですか?
アンケートの結果、
「過去にオフィス移転業者を利用したことがありますか?」に関しては、「はい」が13%で「いいえ」が87%でした。
「業者を決めた一番のポイントは何ですか?」に関しては、「価格がお手頃だった」が34%、「実績があり信頼できた」が32%、「スタッフの対応が良かった」が27%、「有名な会社だった」が7%でした。
会社を選ぶ際は「価格」や「実績」を重視して選ぶ方が多いようですね。

次の見出しでは、オフィス移転業者を選ぶ際の注意点を紹介しています。選ぶ際のポイントを覚えておくと、業者選びがスムーズになるのでぜひ見てもらえればと思います。
またこのサイトでは、オフィス移転に関する記事を多数掲載しているため、併せてご覧頂けると幸いです。

【オフィス移転】引越し業者選びの注意点まとめ!

インポータントイメージ
ある程度決められた予算内で、無理のないスケジュールで、なるべく安心して移転を成功させたい!と考えるならば引越し業者選びは非常に重要になってきます。やはりオフィスを移転することなんてそうそうあるものではないですし、後悔するのは嫌ですよね。

そこでこのコラムではどんな業者に依頼すればいいのか迷っている方向けに、オフィス移転業者を選ぶ3つのポイントを注意点と一緒に解説していきます。

実績の豊富な業者を選ぼう!

これはどんな形のサービスにも言えることですが、安心して任せられる業者を選びたいなら実績は評価したいポイントでしょう。その業者がサービスを開始してからの年数はもちろんですが、どのような業種の企業を相手に、どんな内容で移転を実行したかなど実際のケースを確認することも大切です。

特に調べておきたいのが「自分の会社と同規模・類似したオフィスの移転実績や経験があるのか」です。100人以上の大規模オフィスを得意としている業者に、従業員5人の小規模オフィスの移転を依頼しても断られる場合もあるようですし、逆のケースでは物理的に対応できない可能性もあるので注意しましょう。

料金の安い、コストパフォーマンスの良い業者を選ぼう!

「物事は値段だけで決めてはいけない」という言葉はよく聞きますし、その通りだと私も思います。ですが、限られた予算内でオフィスの移転を実施するのでしたら費用は安いに越したことはありませんよね。

確かにぱっと見の安さだけで業者を決めてしまうのはとても危険な行為です。後々のトラブルを防ぐためにも、まずは依頼する前にしっかりと詳細な見積りをとってもらいサービス内容をよく確認しましょう。

また、正当に料金が安い会社というのはちゃんとした理由や根拠があるはずです。たとえば人件費をカットする工夫をしている、効率的にサービスを提供する施策をしているなど。なんにせよ料金の安さとサービス内容が両立した、コストパフォーマンスの良い業者を選ぶための情報を得ていきたいですね。

アフターフォローが充実した業者を選ぼう!

実績、料金と並び、もう一つ大切なのがアフターフォローの充実度です。オフィスの移転が完了したら終わり、ではなくその後の対応がしっかりと充実した業者を選ぶことができると安心できるでしょう。

例えば開梱後に出る緩衝材や段ボールなどのゴミをきちんと廃棄してくれるか不要となった備品の回収や買取はしてくれるのかといった点は事前に確認しておけるといいですね。また、移転後に不具合などのトラブルや相談事があった際にすぐ対応してくれるのかというのは非常に重要なポイントです。こちらも業者選びの指標にしてみましょう。

コスト面とサービスを軸に選んでみよう!

ここまでオフィス移転業者を選ぶうえで大切な3つのポイントをご紹介しました。個人的には移転費用をなるべく抑えたい、レイアウトなどに大きなこだわりがないという考えであれば、なるべく料金が安い業者を選ぶに越したことはないと思いますよ。

料金が良心的かつサービスも充実している、そんな業者も探せばきっと見つかるはずです。このコラムを掲載しているサイト内でもおすすめのオフィス移転業者を何社かピックアップしていますのでぜひ参考にしつつ、良い引越しをしていただけると嬉しいです。

おすすめの大阪・大阪市内のオフィス移転業者5選を一覧表にしてみました

いかがでしたか?わたしが選んだおすすめの大阪・大阪市内のオフィス移転業者5選。どの業者もサービスが充実した引越し業者ばかりです。

ここまで、おすすめの大阪・大阪市内のオフィス移転業者をご紹介してまいりましたが、情報を簡潔にまとめて一覧にしてみたので、おさらいしてみましょう。

商品画像
会社名法人専門移転プロ日通のオフィス移転アート引越センターフロンティアコンサルティングICSサプライ
サービス特徴高品質・低価格のサービスとプロフェッショナルなスタッフ独自開発されたセキュリティ体制便利な転勤引越しシステムコンサルティングやオフィスデザインに強み豊富な経験と実績を持つ
対応エリア大阪市内7区(中央区・西区・北区・淀川区・浪速区・福島区・天王寺区)日本全国・一部の海外日本全国記載無し(国内8ヶ所、海外2ヶ所に拠点)大阪市内中心に24区
料金例物だけの移転:3万円~記載なし(見積りは無料)記載なし(見積りは無料)記載なし新規家具・内装工事がないオフィス移転:1㎡あたり1万円~
問い合わせ先<TEL>
06-6131-4950

<営業時間>
9:00-18:00
<TEL>
0120-154-022
<営業時間>
8:00-20:00
(年中無休※12/31~1/3除く)
<TEL>
0120-012-366
<TEL>
【大阪】
050-5225-0203
【東京本社】
0120-955-379
<営業時間>
9:00-18:00(平日)
<TEL>
0120-70-5381
<営業時間>
9:00-17:00(平日)
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

 

オフィス移転のお役立ち記事一覧

オフィス移転、オフィスレイアウトなどに関するお役立ち記事をご紹介しております。オフィス移転を検討中の方はぜひご覧ください。

オフィスの移転が決まったものの、オフィス移転業者に依頼するべきか、コスト削減のため自力で移転をするべきか迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 オフィス移転は自力でできる作業もあり ・・・[続きを読む]
新しいワークスタイルとして注目されている「ハイブリッドワーク」に合わせて、オフィスレイアウトを考えている企業も多いのではないでしょうか。 オフィスワークとリモートワークを併用したハイブリッド ・・・[続きを読む]
オンラインでの会議や打ち合わせが主流になり、Web会議に適したオフィスレイアウトを考えている企業も多いのではないでしょうか。 コロナ禍の影響を受け、今まで対面で行っていた商談なども、社内外問 ・・・[続きを読む]
オフィスのレイアウトを考える中でも、特に応接室は社外の来客者を通す空間でもあるため、レイアウト方法や家具の選定など悩まれる担当者の方も多いのではないでしょうか。 応接室は、大事なお客様やクラ ・・・[続きを読む]
オフィスレイアウトの変更は手間も費用もかかるため、簡単には後戻りできないものです。 失敗は避けたいものの、具体的にどうすれば良いのか、失敗しないレイアウトにするにはどのようにしたらよいのかな ・・・[続きを読む]
「社内の導線を整えたい」「社員の増員を見据えたレイアウトにしたい」など、さまざまな理由でオフィスレイアウトの一新を考えている企業も多いのではないでしょうか。 しかし、いざ具体的なオフィスレイ ・・・[続きを読む]
新型コロナウイルスの流行を機に、リモートワークやソーシャルディスタンスに配慮したオフィスレイアウトを取り入れた企業も多いのではないでしょうか。 オフィスの在り方や従業員の働き方にも大きな変化 ・・・[続きを読む]
オフィスレイアウトの変更にあたり、どのようなレイアウトにしようかイメージを膨らませる中で、他社のオフィス写真を参考にしている方も多いのではないでしょうか。 最新の事例は当然ながら確認する必要 ・・・[続きを読む]
オフィスレイアウトの変更を業者に依頼する際、どのような業者がいいのか、何を基準に選べばいいのか、悩むこともあるかと思います。 オフィスのレイアウト変更は、電話配線や内装工事などを伴うこともあ ・・・[続きを読む]
オフィスレイアウトの変更をはじめて業者に依頼する場合、戸惑うことも多いでしょう。 どのような業者に頼めばいいのか、そもそも何から始めるべきか、お悩みの方もいらっしゃるかと思います。 ここでは ・・・[続きを読む]
職場で上司に話しかけたいのに目が合わず断念した、という経験はありませんか。 逆に、向かいの席の人の視線が気になり仕事に集中できないことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。 これらは業 ・・・[続きを読む]
ITや外資系の会社を中心にオープンオフィスを導入する企業が増えてきています。 自社でもオープンオフィスを導入しようと検討している経営者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。 オープンオフィ ・・・[続きを読む]
オフィスレイアウトを考案する中で手書き作業に手間を感じ、手軽に利用できるツールをお探しの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 このような場合、専用のアプリを利用してみるのもひとつの手段です ・・・[続きを読む]
オフィス移転を計画する中でオフィス内のレイアウトとあわせて十分に検討したいのが、トイレについてです。 オフィスで働くうえでは、トイレは必ずといっていいほど利用される空間です。 快適なオフィス ・・・[続きを読む]
オフィス移転を予定していて、移転先の新しいオフィスレイアウトの素案作りに悩んでいる、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。 オフィスレイアウト次第で、業務のしやすさも大きく変わります。 ・・・[続きを読む]
観葉植物にはインテイリアとしてだけでなく、人に癒しを与える効果もあります。 オフィスに置けば働く人たちの快適な環境づくりに役立つことでしょう。 しかし、いざオフィス内に観葉植物を置こうと思っ ・・・[続きを読む]
オフィス移転に伴い、専門業者にオフィスレイアウトを依頼することもあるでしょう。 内装工事を行う業者はたくさんあり、そのほとんどは良心的な業者です。   しかし、中には一見良さそうに ・・・[続きを読む]
  オフィス内における休憩室の役割は非常に大きいといえます。 お昼時は食事をするスペースになり、仕事の合間に息抜きを行いリフレッシュをして、やる気を回復するための場所でもあります。 ・・・[続きを読む]
  オフィスの移転先を探すにあたって、最終的に物件の決定に際しては内見をしっかり行っておきたいものです。 しかし、しっかり見る必要があることは理解できていても、漠然と何を見たら良い ・・・[続きを読む]
  オフィスレイアウトを考えるうえで、管理職の席の位置に迷う方は多いでしょう。 部下との距離が近すぎると部下がストレスを感じる可能性があります。しかし遠すぎると、上司は部下を管理し ・・・[続きを読む]
  事務所をレイアウトする際に、風水を意識したい方もいるでしょう。しかし古くから親しまれる風水を現代のオフィスレイアウトで意識しすぎると不便なレイアウトになってしまう可能性もありま ・・・[続きを読む]
  自社のオフィスレイアウトを考える上では、できるならおしゃれにしたいものでしょう。 しかし、いざ思い立ったとしても、おしゃれなオフィスレイアウトにするためにはどのようにすればいい ・・・[続きを読む]
  受付は企業の第一印象を決める重要な場所のひとつです。 どれほど素晴らしい企業であったとしても顧客などが来社した際に受付の印象が悪ければ、どこかでマイナスの印象を抱かれてしまうか ・・・[続きを読む]
  オフィスレイアウトを決める上で無視したくてもできないのが、書籍や書類の保管場所となる書庫スペースのレイアウトでしょう。   書籍や書類は増えるものです。ペーパーレス化 ・・・[続きを読む]
  会社の快適な環境を考える上では、単なる過ごしやすさだけではなく仕事の効率性も考慮すべきでしょう。 そのため、快適な環境づくりに大きく関わるオフィスのレイアウトを決める際には、部 ・・・[続きを読む]
従業員も増えてきたしそろそろオフィスを移転しようかな、洗練されたオフィスで働きたい、と思っている人は多いのではないでしょうか。そんな時せっかくだから一から作れるスケルトン物件に魅力を感じます ・・・[続きを読む]
オフィス移転時に一番困ってしまうのはゴミの処理方法ではないでしょうか。想像以上にたくさんのゴミがでることでしょう。ですが、もしゴミだと思っていたものが少しでも現金化できたら嬉しいですよね。こ ・・・[続きを読む]
オフィス移転は長期的なプロジェクトですが、長い期間の中でもいくつかの山場があります。 そのうち1つがオフィス移転当日です。この日にはオフィス内の全社員の移動が発生するため、予想外の出来事が発 ・・・[続きを読む]
オフィス移転は大仕事ですよね。オフィスの賃貸は個人で部屋を借りるのと違って多額の敷金が必要になりますが、旧オフィスの分から戻ってくる敷金もあるから大丈夫と思っている方は敷金の返還額が予想以上 ・・・[続きを読む]
オフィス移転をする時には必ず保証金、敷金がかかってきます。大阪のような大都市ですと賃料が高くなるので、賃料に付随してくる保証金敷金には注意したいところです。似た意味で使われている保証金と敷金 ・・・[続きを読む]
今、自分が働いているオフィスの空調について考えたことはありますか。空調によってオフィス移転後の利便性や月々のコストがかなりかわってきます。なんとオフィスでかかる電気代のおよそ半分が空調費用と ・・・[続きを読む]
オフィス移転業者によって、適したビル選びからサポートしてくれて、引っ越しを済ませてからは、オフィスサインや在空サインをどうすべきか、悩むことになるでしょう。さらに、どこに依頼するのが利に適っ ・・・[続きを読む]
事業拡大などのためにオフィス移転を考えている企業もあるでしょう。しかし、オフィス移転は多くの作業が必要なので何かと手間がかかります。効率が悪ければ時間があっという間に過ぎてしまいます。他の手 ・・・[続きを読む]
ビジネス的な事情でオフィス移転をする場合は多いですが、そういうときに重要になるのがやり方です。自力で社員などと協力して移転作業をする方法もありますけど、却って負担が大きくなるケースもあるので ・・・[続きを読む]
会社にとって、オフィス移転をすることは、大きなムーブメントと言えるでしょう。従業員にも大きな負担をかけることになるはずです。そのため、社内説明会をどこかのタイミングでおこなう必要があります。 ・・・[続きを読む]
新たに事業を始めたり既存の事業を拡大をしたりといろいろな目的でオフィス移転を考える機会は多いでしょう。場所を変えることは会社にとって新たな大きなステップとなります。しかし、オフィス移転は簡単 ・・・[続きを読む]
多くの社員が仕事をするオフィスの移転をする場合は、個人情報の取り扱いをどのようにするかが重要になります。適切におこなわないと問題になるため、十分に準備をしてからオフィス移転の作業をしなければ ・・・[続きを読む]
オフィス移転をするとき、考えなければならないことの1つがホスピタリティです。ホスピタリティとはおもてなしであり、従業員や地域社会に対する思いやりでもあります。特に従業員に対するホスピタリティ ・・・[続きを読む]
オフィス移転のプロジェクトチームの発足にあたり、担当者は本業を行いながら兼任することが多く、プロジェクトに専念することが難しい場合がほとんどです。 多忙な担当者がオフィス移転プロジェクトを成 ・・・[続きを読む]
オフィス移転というのは、会社にとって新しいスタートを切るきっかけになる大事な出来事の1つです。例えば今まで地方で営業を頑張ってきた企業が、大都市へオフィスを移転すると、自分たちの会社が成長し ・・・[続きを読む]
オフィス移転をすると、業務効率がアップする、社員の満足度が上がる、など非常に大きなメリットがあります。 しかしオフィス移転を行うための費用は安くはありません。 どれくらいの費用が発生するのか ・・・[続きを読む]
オフィス移転をする際は、多くの会計処理が必要になり非常に煩雑です。内装工事費用やインフラ整備費など、移転にかかるコストについてどう処理すればよいのか迷う方も多いかと思います。 この記事では、 ・・・[続きを読む]
オフィス移転を検討している企業担当者にとって、移転先のオフィスに合わせてレイアウトを一から考えることは、移転作業の中でも頭を抱えることではないでしょうか。 しかしながら、オフィス移転をきっか ・・・[続きを読む]
近年犯罪件数の増加や企業・個人情報の漏洩などが増加していて、オフィスには最低限のセキュリティが必要になっています。オフィス移転をきかっけにしてセキュリティ対策を見直している企業は多く、企業価 ・・・[続きを読む]
オフィス移転は企業にとって大きな変革をもたらす重要なプロジェクトですが、物件選びや業者選定の際は様々な悩みが発生するかもしれません。 選定のお悩みを解消するためには、物件選びや業者選定の条件 ・・・[続きを読む]
オフィス移転を検討する理由は様々ですが、大阪に限らず移転には現オフィスの解約手続きが必要となります。中でも事前確認を怠ってはいけないのが、解約予告期間です。解約予告期間を考慮して移転スケジュ ・・・[続きを読む]
大阪でオフィス移転をする場合には、何点か注意すべきポイントがありますが見積書はその中でも特に重要です。しっかりチェックしておけば、悪質業者か否かを事前に判断できる可能性が高いです。今回はそん ・・・[続きを読む]
オフィス移転に向けたチェックリストの作成に頭を悩ませている担当の方も多いのではないでしょうか。 オフィス移転は住宅の引っ越しと比較すると非常に多くのタスクが発生します。 また、単純にタスクが ・・・[続きを読む]
オフィス移転をする時に、借りていた場所から退所する場合、原状回復工事をして契約時の状態に戻さなければなりません。しかしオフィス移転は何年または十数年に一度しか行わないので、貸主との間でトラブ ・・・[続きを読む]
オフィス移転は企業にとって多くの費用と人員が動く大規模プロジェクトです。 ただし頻度は高くないため、初めて移転の統括担当に就いた方も多いのではないでしょうか。 この記事では初めてオフィス移転 ・・・[続きを読む]
オフィス移転は多額の費用が発生するものですが、とりわけ賃貸物件の場合は原状回復工事と移転先の内装工事に費用がかかります。しかし、居抜きという方法であれば、原状回復の必要性が無く、移転先に居抜 ・・・[続きを読む]
オフィス移転は企業にとって大きな転機となるイベントですが、それだけにかかるコストは非常に大きく、少しでも費用を抑えたいという方は多いかと思います。この記事ではオフィス移転でコストカットを検討 ・・・[続きを読む]
オフィス移転をする場合は、取引先や顧客に対するお知らせも必要になります。ところが、数カ月間かけて準備するオフィス移転だとどのタイミングで案内状を送るべきかが分かりづらく、文面の内容にも頭を抱 ・・・[続きを読む]
現在大阪でオフィスを構えている会社や、これから大阪にオフィスを移転することを考えている会社にとってはどのタイミングでオフィス移転を行うかという事は重要なポイントとなります。 どのようなことを ・・・[続きを読む]
オフィス移転の場合は個人の引っ越しとは異なり、官公庁に提出が必要な届出が多く非常に複雑です。届出は複数の機関に提出する必要があるので、オフィス移転の際には悩まされる方も少なくありません。この ・・・[続きを読む]
オフィス移転ではオフィス家具の見直しが必ず必要です。 現在使用している家具を移転先でも流用するか、新しく購入するか悩んでいる担当者の方も多いのではないでしょうか。 オフィスで利用する家具は寸 ・・・[続きを読む]
オフィス移転するときには、新たにレイアウトを考えなければなりません。レイアウトを作成するうえで重要なのがパーテーションであり、大阪の企業でも様々な種類のパーテーションが使われています。様々な ・・・[続きを読む]
はじめてのオフィス移転では、どのようなタスクが、どのような流れで発生するのかイメージが湧きにくいでしょう。 チェックリストの作成のため、オフィス移転でどのような準備が必要なのか調査している担 ・・・[続きを読む]
きれいで快適なオフィスを維持することは、従業員の健康を保つためにも非常に重要な要素です。しかしオフィスとなると設備なども多く、大がかりなクリーニングを頻繁に行うことができないのが現状です。そ ・・・[続きを読む]
オフィス移転は業務の生産性や社員からの満足度、また顧客や取引先からの企業イメージにも関わる大きなプロジェクトです。 失敗せず無事に移転ができるか不安になる担当者も多いのではないでしょうか。 ・・・[続きを読む]
オフィス移転は、単なるオフィスの引っ越しではありません。 オフィスの課題を解決する、新たなメリットを得るなど様々なプラスの効果をもたらします。 一方で、オフィス移転によってデメリットが生じて ・・・[続きを読む]
オフィス移転に欠かせないといわれているのがOA機器やIT機器、事務用品の導入です。特にOA機器は大阪移転時に全て購入しようとするとコストがかかってしまうデメリットがあります。そこで多くのオフ ・・・[続きを読む]
スムーズなオフィス移転をおこなうためには、移転業者の選定が重要です。 自社に適した業者を選ぶためには、事前に打ち合わせの機会を設けるほうが良いでしょう。 しかしながら、オフィス移転業者との打 ・・・[続きを読む]
大阪でオフィス移転を計画している場合は、バリアフリーに対応したオフィスを選択肢に入れることがおすすめです。なぜなら、バリアフリーに対応していない物件を選んで後から対応させることはとても難しく ・・・[続きを読む]
オフィスの移転にあたり、どのような基準で業者を選ぶべきか迷っている方も多いのではないでしょうか。 選定基準の例としては実績数や見積金額、担当者の印象などが挙げられますが、忘れずに重視したいの ・・・[続きを読む]
オフィス移転というのは、総務にとって大きな負担となる作業です。さまざまな大変なステップが存在しているので、あらかじめどのような点に注意したらよいのか確認しておくよことが大切です。 この記事で ・・・[続きを読む]
オフィス移転を考えた場合には、これから事業展開を行って拠点を増やしたい、アクセスのよいところにオフィスを構えたいなどいろいろな理由があります。その際にはネットなどの回線、セキュリティ面、費用 ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:株式会社メーベル 住所: 大阪市旭区中宮1-1-25 連絡先:0120-1777-55 連絡先(携帯・PHS):06-6951-1036 大阪でオフィス移転を行う際には、納 ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:株式会社マイスター引越センター 住所:[本社]大阪府茨木市横江2-3-23 連絡先:0120-07-0590 受付時間:9:00~19:00 定休日:年中無休(盆・正月・大 ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:中尾運輸株式会社 住所:[本社]大阪市住之江区平林北2-7-99 連絡先:0120-48-1212 受付時間:9:00~19:00 大阪には、数多くのオフィス移転を引き受け ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:株式会社ハンデックス 住所:大阪府大阪市西区靱本町1-4-12 本町富士ビル8F 連絡先:06-6147-7392 受付時間:[平日]9:30~18:00 東京を拠点に、日 ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:株式会社 ネットワークコーポレーション 住所:[本社]大阪府豊中市名神口1丁目5番2号 連絡先:06-6862-5849 単身赴任や大学進学、新社会人として一人暮らしをする ・・・[続きを読む]